読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アイドル×戦士ミラクルちゅーんず!を見た話

はじめに

アイドル×戦士ミラクルちゅーんず!という作品が始まっています。女の子向け特撮という公式発表があり*1取りあえず特撮と言われたらもう見るしかないと思っていたのですが、当日になると周りの誰もが忘れ去り視聴方法もよくわからない事態に陥りました*2。昔だと下手したら違法視聴すらできない失われた1話になっていそうですが、幸い公式によって複数個所で配信が始まったので見た感想をつらつらと書いていきます。

ざっと感想

全体としては「初めて作ったくせに妙に出来がいいな」といった感じです。妙にこなれていて玩具販促も当たり前のようにこなしています。面白いかと言われるとプリキュアの1話としてはまあ普通なのですが、映像に実写特有の気になる部分がちらほらとあってアニメのキャラってかわいいんだなぁって思いました。詳しくは語りません。

トーリー

話の大筋はすでに多くの感想で言われている通りスイートプリキュアに著しく酷似しています。「音楽の世界から奪われた音符を取り戻すために妖精が人間界にやってくる」話です。多分中盤で敵幹部の鳥居みゆきが追加アイドルになって最初に出た女神と魔王は夫婦です。1話自体は普通の1話です。基本的に主人公上げのようなので、今のニチアサ勢とどうコンフリクトするかが楽しみではあります。ちなみに、紫の子が先にアイドルをしていてまこぴーポジションかと思いましたが、そんなこともなく全力で新人をwelcomeでした。

戦闘?

一番気になるのがこの部分。1話の戦闘は、操られて怪人になった人をダンス(バンク)で浄化する、以上です。開幕必殺技。アイドル×戦士の戦士部分はどこ行ったんですかね……さすがにこのままではないと思うので、次からは不思議コメディ的な緩めの戦闘が始まるのではないでしょうか。取りあえず現状は女の子向け"特撮"の表記はかなりきついです。これが戦闘をアイドルアニメの文脈に置き換えてストーリーはプリキュアの資産を使う戦略だとしたら興味深いところではあります。

おわりに

女児向け番組の主流としては、長い間魔法少女勢力を保ってきました。その中にはアニメだけでなく実写特撮番組もあり、不思議コメディシリーズは戦う魔法少女という今のプリキュアに続く流れへの寄与が確認されます。さて、最近ではアイカツやプリパラといったアイドルものが力を付けてきましたがこの流れになぜかタカラトミーが急に実写をぶっこんできたのが今回のミラクルちゅーんずです。まだ特色が出ていないというかいろんな知ってるものを混ぜあわせたものといった印象なので、ここからどう"らしさ"が出てくるかに期待したいです。