読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アイドル×戦士ミラクルちゅーんず!を見た話

はじめに

アイドル×戦士ミラクルちゅーんず!という作品が始まっています。女の子向け特撮という公式発表があり*1取りあえず特撮と言われたらもう見るしかないと思っていたのですが、当日になると周りの誰もが忘れ去り視聴方法もよくわからない事態に陥りました*2。昔だと下手したら違法視聴すらできない失われた1話になっていそうですが、幸い公式によって複数個所で配信が始まったので見た感想をつらつらと書いていきます。

ざっと感想

全体としては「初めて作ったくせに妙に出来がいいな」といった感じです。妙にこなれていて玩具販促も当たり前のようにこなしています。面白いかと言われるとプリキュアの1話としてはまあ普通なのですが、映像に実写特有の気になる部分がちらほらとあってアニメのキャラってかわいいんだなぁって思いました。詳しくは語りません。

トーリー

話の大筋はすでに多くの感想で言われている通りスイートプリキュアに著しく酷似しています。「音楽の世界から奪われた音符を取り戻すために妖精が人間界にやってくる」話です。多分中盤で敵幹部の鳥居みゆきが追加アイドルになって最初に出た女神と魔王は夫婦です。1話自体は普通の1話です。基本的に主人公上げのようなので、今のニチアサ勢とどうコンフリクトするかが楽しみではあります。ちなみに、紫の子が先にアイドルをしていてまこぴーポジションかと思いましたが、そんなこともなく全力で新人をwelcomeでした。

戦闘?

一番気になるのがこの部分。1話の戦闘は、操られて怪人になった人をダンス(バンク)で浄化する、以上です。開幕必殺技。アイドル×戦士の戦士部分はどこ行ったんですかね……さすがにこのままではないと思うので、次からは不思議コメディ的な緩めの戦闘が始まるのではないでしょうか。取りあえず現状は女の子向け"特撮"の表記はかなりきついです。これが戦闘をアイドルアニメの文脈に置き換えてストーリーはプリキュアの資産を使う戦略だとしたら興味深いところではあります。

おわりに

女児向け番組の主流としては、長い間魔法少女勢力を保ってきました。その中にはアニメだけでなく実写特撮番組もあり、不思議コメディシリーズは戦う魔法少女という今のプリキュアに続く流れへの寄与が確認されます。さて、最近ではアイカツやプリパラといったアイドルものが力を付けてきましたがこの流れになぜかタカラトミーが急に実写をぶっこんできたのが今回のミラクルちゅーんずです。まだ特色が出ていないというかいろんな知ってるものを混ぜあわせたものといった印象なので、ここからどう"らしさ"が出てくるかに期待したいです。

マスクマン 01話 美しき謎の逃亡者

ふとオーラパワーの高まりを感じたのでマスクマンを見てみることにした。

 

事件はサーキットから始まる、と書くとゴーオンジャーを思い出す(放送年は相当後な上によく考えるとあっちは1話でもない)が常にエンジン全開だったゴーオンとは違いこちらは随分と重い雰囲気のまま話が進んでいく。かねてから地上侵略を目論んでいた地底帝国チューブがとうとう地上へ侵攻を始めた。なぜ地底帝国が航空技術を持っているのかはわからないが定番の戦闘機軍団で襲いかかってくる。ここ最近はあまり敵戦闘機を見た気がしないのは巨大戦闘員が一般化したからとかだろうか。

警告を発した後地底へ落ちていく美緒、危機を察知して五人に準備をさせていた姿長官、このままでは勝てないと煽って一話が終了といろいろと謎を残してくれてこれから楽しめそうな一話だった。

 

 追記

ナレーション「美緒はどうなってしまったのか」の直後にエンディングでネタバレしててちょっと笑った

ウルトラマンコスモス 01話 光との再開

話数が多いのでなんとなく避けてきたが、ようやくコスモスを見ようと決心した。放送当時は総集編まで見てその後ウルトラから離れてしまったので、今度はちゃんと”ムサシの”最後を見届けられればいいなと思う。

 

1話では久々に地球に帰ってきたコスモスとの再開が描かれる。当時ファーストコンタクトは見に行かなかったので基本設定の部分で随分と置いて行かれた気分で、今見てもリドリアスが当然のように現れるのを何か映画であったのではないかと勘ぐってしまったりなど情報の足り無さで突っかかってしまうのが気になった。一応、みんながコスモスを知っている素振りを見せるなど映画と本編を補完する姿勢は見えるので子供の頃では難しかったが推測で補える内容ではあると思う。

 

映画との関係の部分を除けば1話としては、ムサシの性格、EYESと防衛軍の確執、フブキとの不和と基本的な所は綺麗にまとまった話だった。

コスモスは怪獣保護が優先だから保護者が喜んだという話が言われるが、その辺りが本編中では一貫できているのかに注目して視聴していきたい。

メモ

ツイッターに書くにはちょっと長いこととかなんか書きづらそうなことを書く